浮気調査

浮気相手に慰謝料を請求したい場合には

慰謝料とは、夫婦の一方が、異性の愛人と不貞行為(浮気・不倫)をした場合に、損害を被った
配偶者は、貞操義務に違反した配偶者とその愛人に対して、貞操権侵害による、精神的苦痛
の損害賠償として請求できるものです。
不貞行為自体に違法性があるので、その不貞行為が、異性の愛人からの誘惑からはじまったもの
か、自然の愛情によってはじまったものなのかは、関係なく慰謝料の請求が認められています。

 

ただし、夫婦関係が既に壊れてしまっている状態の時、その後の配偶者と異性との性的関係を持っ
た不貞行為は、夫婦関係が壊れてしまったこととの因果関係が認められないので、不貞行為(浮
気・不倫)を理由に慰謝料の請求をすることはできません。

 

これは、別居中に限らず、家庭内別居の状態であると客観的に判断されてしまうと、今回の不貞
行為は、夫婦関係が壊れた後に出来た関係とされ、慰謝料の請求が認められない可能性
があります。

 

また、不貞行為をした配偶者が、結婚をしていることを隠していて、異性の愛人は何も知らなかっ
た、結婚をしていることを知ることができなかった場合や、配偶者が愛人に対して暴力や、
脅迫によって関係を持った場合なども、愛人に対しての慰謝料の請求は
難しいと思いますので、注意してください。